木目

木理(もくり)ともいわれ、樹木の生長により、樹皮直下の形成層の活動が盛んな時期(春)と活動が衰える時期(秋)の形成層細胞の差が線状に現れたものが年輪と呼ばれ、樹木の断面に現れた年輪を木目といいます。
木の種類によって表情が変わるため、外構のデザインに活かされます。

◆◆新築なら神奈川県湘南茅ヶ崎にあるスタイルアイホーム◆◆

株式会社 鳶相田の用語集