リフォーム 神奈川

主婦の悩みの腰痛も解消できるキッチンへ リフォーム 

主婦に腰痛が多いのは、長時間立ちっぱなしで作業をするためだといわれています。これを解消するためには、腰に負担のない姿勢でいられるキッチンが必要です。そこで大切になるのがキッチンの高さ選び。
システムキッチンが登場した30年前、シンクの高さは80㎝が大多数でした。現在では、使う人それぞれの身長に合わせた高さを選ぶキッチンづくりができます。システムキッチンメーカーの算出では「身長÷2+5㎝」が理想とのこと。ですが、もう5㎝高い「身長÷2+10㎝」にすることでカウンターがおへそより上にあたり、腰を伸ばしたまま作業ができます。ただ、コンロの高さとの兼ね合いもあるので、一番使いやすい高さは本当にお一人お一人違ってきます。よりパーソナルで快適なキッチンにするためのリフォームは確かな知識と実績でまるごとお任せいただける当社、スタイルアイホーム。神奈川にお住まいの方、ぜひお問い合わせ、ご相談下さい。
キッチン
キッチン
キッチン

対面式キッチンは主婦を孤独にしない

キッチンのレイアウトを考えるうえで、はずせないのがオープン型にするか独立型にするかという選択です。独立型は料理に集中できたりキッチン独自のデザインを楽しめますが「みんなはリビングでテレビを見ているのに、どうして私だけが料理をしなきゃいけないの?」と孤独感を感じる方もおられます。その点オープン型は家族と一緒の空間で料理ができ、楽しい場所になるはずです。アイランド型では調理中、片づけ中の見た目が少し気になるという方には、やはりキッチンカウンターをリビングなどに向けて設置する「対面式キッチン」が優秀になってきます。そして対面式キッチンにした場合は、シンクの上に吊り戸棚は付けない工夫を。キッチンからリビングまで天井が一続きに見え、広がりを感じられます。また、ダイニング側から使える食器収納をつくるのもおすすめです。造り付け収納は費用が高いのでは…というご心配もありますが、実はそれほど高くはありません。食卓で使う食器を収納するほか、一部をガラス扉にして、見せる収納をするなどの楽しみ方もあります。オシャレなあなただけのキッチンにリフォームしませんか。神奈川のリフォームは当社にお任せください。

広いキッチンより、動きやすいキッチンを

使いやすいキッチンとは、調理から盛り付けまでの作業を、気持ちよく効率よく進めることができるキッチンです。そのため、広いキッチンよりも、シンク・コンロ・冷蔵庫・配膳台・食器棚の位置関係を考え、これらの間を短い距離でスムーズに動けるキッチンを考えることが大切です。
そして「移動は横歩きで2歩まで」。目安としてはシンクからコンロまでの距離を90cm以内に収めることが無駄な移動で疲れないために大切になります。これは一列に並んだI字型やアイランド型はもちろん、L字型やコの字型でも同様です。動線の無駄をなくすことで、ぐんと使いやすくなるキッチンリフォーム。新しい設備だけではなく、使い勝手もお客様にご提案させて頂きます。自分らしいオシャレなキッチンを実現するため、神奈川湘南茅ヶ崎にある当社にぜひ一度ご相談ください。水曜定休日の9:00~18:00まで、お電話やホームページからお問い合わせ、お待ちいたしております。
店舗名スタイルアイホーム
住所 〒253-0084
神奈川県茅ヶ崎市円蔵2-1-11
TEL0120-978-843
メールアドレスinfo@style-aihome.com
URLhttp://www.style-aihome.com/
営業時間9:00~18:00
営業日水曜定休
最寄駅北茅ヶ崎駅
アクセスお車でお越しの場合:事務所前に駐車場完備しています 電車でお越しの場合:相模線「北茅ヶ崎駅」より徒歩5分
紹介文弊社は平成16年に設立し当時は外構工事を主に施工をおこなってまいりました。外構業種は基本的にお家本体が完成した後に最終工事としておこなうことが多く、数ある建築職種の中でもお施主様にお会いする機会の多い業種のひとつだとは思います。 新しい自宅にお引越し後に工事をおこなうことなどもありますので、どんな思いでマイホームを建てたかなどのお話を聞ける機会も多々ありました。 そんなたくさんのお話の中からマイホームを建てる上での不満や不安だったことなど建築業界にある独自の風習がお客様との想いとのすれ違いが生じていることを感じ、数々の思いにたどり着きました。 「大切なのはお客様の価値観や人生観を理解し共有すること。」「本当の意味でのお客様の隣に立って一緒に同じ未来に向かって歩ける家づくりをしたい」というのがスタイルアイホームの家づくりの想いです。そして家づくりにはさまざまなことがあります。家の間取りのことや土地のこと、資金のことなど、そんな疑問に気軽に相談できる身近な存在として「親戚の大工さん」を目指しています。 家は建てて終わりではありません。家は建てたときからスタートなのです。 10年先、20年先の御家族の笑顔を一緒につくる会社、それがスタイルアイホームの原点となっております。