一般保証制度

不動産取引で先払いするお金、一般保証制度が守ります。

一般のお客様が決済前に先払いするお金なので
①不動産業者に支払う申込金・手付金・中間金
②仲介業者に支払う仲介手数料 (半金)などがあります。

不動産を購入する際には

①申込金の支払い
②売買契約の締結(手付金の支払い等)
③住宅ローン審査
④決済・引渡し

申込金・手付金は決済時に代金の一部となることが多いのです。
もし、手付金を先に支払うことが心配なときは、一般保証制度を利用すると安心ですよね。
仲介手数料は、契約締結時点で発生するお金ですが、もし、住宅ローン審査が通らなくて、契約が途中でダメになったりすることもあって、支払った仲介手数料が戻ってこないような事故もおきたりします。

だからこそ、一般保証制度があります。

一般保証制度は、取引が途中で不成立になってしまって、戻ってくるはずのお金が戻ってこないような場合に備えた制度ということです。

要するにお客様を守るために生まれた制度なのです。

例えば、売買契約が不成立になる例は、

①売主である不動産業者が倒産してしまった場合

②買主が住宅ローンを借りられず、契約がローン解除になった場合

などが考えられるけど、こうした場合だと、一般消費者が支払ったお金がちゃんと戻ってくるか不安にななりますよね。
こういう不安を解消するための制度です。
他には、契約時に媒介や代理の不動産業者に支払う報酬(報酬総額の半金)、申込証拠金、中間金、交換差金など、取引が完了するまでに会員が受け取る金銭が保証されます。

申し込みは、お取引を予定し、一定の内容が決まっていれば、契約前でも申し込めます。

また、契約後の申込みも可能です。

無料でご利用いただけ安心です。
当店からの一般保証委託契約の申し込みさせていただき「保証証書」が発行されます(審査があります)。

取引が完了するまでお客様にて大切に保管してください。