安心R住宅とは

既存住宅の流通促進に向けて、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、国交省が一定の基準を満たした中古住 宅を「安心R住宅」として認定して、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できる環境の整備を図るため、マイホーム購入の選択肢として検討してもうう制度を作りました 。
安心R住宅の流通開始は平成30年4月1日からとなります。
(国土交通省HPより引用)

「安心R住宅」とは、どんな住宅

耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅をいいます。

「耐震性等の基礎的な品質を備えている」「リフォームを実施済み又はリフォーム提案が付いている」「点検記録等の保管状況について情報提供が行われる」の要件を満たしていて、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できるようにするものです。

「安心」とは何を意味する

「安心」とは、新耐震基準等に適合する。インスペクションの結果、構造上の不具合および雨漏りが認められず、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合している。

建築基準関連法令等に明らかに違反している既存住宅は対象になりません。
なお、現行の建築基準関係法令等への適合を保証するものではありません。

また、将来にわたっての地盤の不同沈下や地震後の液状化について保証するものではありません。

「R」とは何を意味する

「Reuse」
「Reform」
「Renovation」

リユース、再利用、リフォーム、改装、リノベーション、改修を意味しています。

既存住宅売買瑕疵保険

インスペクションを依頼した者が加入する保険で、購入した既存住宅の構造耐力上主要な 部分お よび雨水の浸入を防止する部分等について瑕疵が発見された際、修補等を依頼した者に対して保険金が支払われます。

また既存住宅売買瑕疵保険は、建物の基礎や躯体など重要な部位を保証しますが、「設備」の不具合は保証しません。別途、設備補償などの保険をかける必要があります。

検査済証とは

建物の工事が完了した際に、建物が建築基準法等に適合しているかどうかを検査し、適合している場合に交付される書類のことです。

検査済証がない場合は、 増改築をしようとする際に、別途、増改築前の建築物の適法性を確認するための調査が必要となることがあります。
建築基準法等上、増改築出来ない場合もあります。

また、建築基準法に不適合な場合などは、住宅ローンの対象とならない場合があります。

具体的な基準

不安

・インスペクションを実施し、耐震性を有すること
・「構造上の不具合」および「雨漏り」が認められないこと
・購入予定者の求めに応じて「既存住宅売買瑕疵保険」を付保できる用意がなされていること
・広告時点において、瑕疵保険の申し込みが受理されている場合はその旨を情報提供されていること

耐震性は、以下のいずれかを満たす住宅とします。
・1981年(昭和56年)年6月1日以降に着工したもの
・1981年(昭和56年)5月31日以前に着工したもので、耐震診断や耐震改修を実施し、広告時点において耐震性が確認されているものこれは、新耐震基準を流用したものといえます。

汚い

・リフォームの基準を定め、基準に合致したリフォームを実施していること
・部位に応じて原則的な取替時期等の数値や、チェック項目等を参考までに提供すること
・検討リフォームを実施していない場合は、参考価格を含むリフォームプランの情報を付すこと
・外装、主たる内装、水廻り(キッチン・浴室・洗面所・トイレ)の現況の写真等を情報提供すること
・「汚い」イメージの払しょくについて、原則としてリフォームを実施すること
になっていますが、建築して間もない築浅物件は不要とされています。

わからない

・広告時点において、購入検討者の求めに応じて詳細情報を開示すること
・その他、団体毎に任意で実施する流通支援の取り組み等の情報を開示すること

「わからない」については、購入検討者の求めに応じて詳細情報を「有」「無」「不明」の開示が必要な項目の中であらかじめ調べ、その情報が「有る」「無い」「不明」という3段階で公表する必要があります。

「有」「無」「不明」の開示が必要な項目

新築時の情報
適法性に関する情報
確認済証、検査済証など
認定などに関する情報
長期優良住宅、低炭素住宅、フラット35など
住宅性能評価に関する情報
設計住宅性能評価、建設住宅性能評価
設計図書に関する情報

<戸建て住宅・共同住宅の専有部分>
維持管理の履歴
維持管理計画に関する情報
点検・診断の履歴に関する情報
給排水管・設備の検査、定期保守点検など
防蟻に関する情報
シロアリ検査、防蟻処理
修繕に関する情報
リフォーム・改修に関する情報
保険・保証
構造上の不具合及び雨漏りに関する保険・保証の情報
既存住宅売買瑕疵保険・自社保証
その他保険・保証の情報
給排水管・設備・リフォーム工事、シロアリなど
省エネ
断熱性能に関する情報
開口部(窓)の断熱に関する情報
複層ガラス、二重以上のサッシなど
その他省エネ設備に関する情報
高効率給湯機、太陽熱利用システムなど

<共同住宅>
共用部分の管理
管理規約に関する情報
修繕積立金の積み立て状況に関する情報
大規模修繕計画に関する情報
修繕履歴に関する情報

専任媒介契約

安心R住宅を使いたい売主は、不動産屋を1社に限定して売却依頼(専任媒介契約)という契約を結ばなければならない制度になっているのです。

安心R住宅制度は、売主が「安心R住宅」というロゴマークを付けて「我が家(自宅)は国がお墨付きを与えた適正な中古だ」と買主候補者に周知できる魅力的な制度といえます。

しかし、「安心R住宅」を使う売主は、1つの不動産屋にしか依頼できないという、選択肢を大きく狭めていることなのです。