不動産売却の流れ

東大阪市内 不動産 売却

物件の周辺相場を知ること

売却すると決めたら、いくらくらいで売れそうか、価格の目安を立ててみます。

まずは、物件の周辺相場を知ることから始めましょう。

複数の不動産会社に物件価格の査定を依頼

物件価格の査定を依頼するところから、不動産会社との付き合いが始まります。

売却する住まいの価格を、不動産会社にしっかり査定してもらいます。

物件価格について多くの意見を聞くために、複数社に査定を依頼してみるのがよいでしょう。

信頼できる不動産会社との出会い

査定依頼をお願いした不動産業者、その他からでも、信頼できる不動産会社を探しましょう。

媒介契約を結ぶ

不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。

主な媒介契約の形態は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類ありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか検討しましょう。

既存住宅状況調査

当店でお勧めしています。

売り出す前に「既存住宅状況調査(インスペクション)」を行って住宅の状態を把握し、不動産取引をスムーズにすることができます。
「既存住宅瑕疵(かし)保険」に申し込む事ができます。

強制ではありません。

売却開始

売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響してきます。

自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例など、市場の動向を参考に、慎重に設定しましょう。

購入希望者が現れ、売却条件を交渉

購入希望者が現れたら様々な売却条件を交渉していきます。

価格の条件は最も重要ですが、その他の条件についても、一つ一つ明確にして、交渉を進めましょう。

売買契約を結ぶ前に

物件に不具合や欠陥などがある場合には、誠実に伝える売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供しましょう。

特に、契約締結後のトラブルを防止するためには、物件に不具合や欠陥など(契約では「瑕疵(かし)」といいます)がある場合には、誠実に購入希望者に伝えることが大切です。

既存住宅状況調査をしておくと、プロの目で見た調査なので安心取引ができます。

また、不動産会社が仲介する場合は、購入希望者に対し「重要事項説明」という制度に基づく詳細な物件説明を行いますので、不動産会社の物件調査に協力しましょう。

売買条件を合意したら

購入希望者と売買契約を結ぶ売買条件を合意したら、購入希望者と売買契約を結びます。

このとき、一般的には物件価格の一部(10~20%程度)の手付金(契約金)を受け取ることになります。
売買契約を結ぶ前に、しっかりと契約内容を確認しましょう。

引き渡し手続き

売買代金を受領する引き渡し手続きでは、売買代金を受領する細かな設備・備品等の取り扱いなどについても、買い主と現地立ち会いを行った上で十分に確認をしましょう。

また、引き渡した後の税務申告などの手続きも漏れのないよう気をつけましょう。

契約日と引渡日が別の日が多いですが、同日の場合は物件価格の全額を受け取り、引渡もします。

登記申請

登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行う司法書士の方にお願いして、登記申請していただきます。
当店は女性スタッフが対応致します。女性一人で不動産業者に行くのは不安だと思われる方、是非「ダイヨシ」を頼って下さい。

安心・丁寧に対応させていただきます。

お問合せ・ご相談だけでも結構です。契約が成立するまで、仲介手数料の請求は致しませんので、ご安心ください。