初めまして。神楽坂近くの東五軒町鍼灸整骨院で院長をしております、野坂 俊史と申します。

整形外科や鍼灸治療院、エステサロンなどでの勤務経験を活かしお身体を診させて頂きます。

当院では、健康保険を使った急性期の怪我の固定や後療法の他に、自費治療にも力を入れております。

慢性の症状やリラクゼーション、美容などの場合は基本的に自費の治療となります。(鍼灸治療は医師の同意があれば慢性疾患に保険が使えます)

ご要望に合わせ、全身調整や美容針、足裏マッサージなど様々なメニューがございます!是非一度お越しください!

鍼治療に興味のある方はこちらをご覧ください。

当院の鍼治療は、頭痛や腰痛など痛みに対して行うことが多いです。痛んでいる深い筋肉にも直接刺激を与えることが出来るので、損傷個所の早期回復などに効果があります。

その他、鍼を刺すことにより、以下の効果があるとされています。

1 調整作用   運動、消化、感覚、神経、内分泌、泌尿、生殖、呼吸、循環器などあらゆる器官や筋組織などに刺激を与え、その機能を調整する作用があります。

2 誘導作用  患部から離れた急所を刺激することにより、遠隔的に患部の血管拡張などの作用を及ぼします。痛んでいる部分に直接刺激できない時などに使います。

3 鎮痛作用  鍼刺激を加えることにより、脳から内因性モルヒネ様物質というものが出て痛みを和らげたり、痛みの感覚が伝わる過程において、途中で痛みの刺激が脳に伝わるのを遮断する効果があります。

4 消炎作用  鍼刺激を加えることにより白血球が増加します。すると炎症部位の鎮静が早くなります。また血流がよくなることにより、組織中に排出された病的滲出物(例えば関節に溜った水など)の吸収を早めます。

5 転調作用  自律神経を調整したり、アレルギー症状を改善して体質を強壮にする作用です。

などです。ちょっと難しい表現もありますが疑問に思うことや興味がある時はいつでもお問合せ下さい!


鍼治療の料金と、治療を受ける際の注意点について。

20分で3000円です。

鍼治療は、手術後や糖尿病などを患っていて免疫力が低下している状態では受けれないことがあります。日和見感染といって、様々な細菌やウイルスを防ぐ力が弱まっていると、鍼穴くらいの僅かな傷口からでも何らかの病原体に感染してしまうリスクが高くなります。

その他、血液をサラサラにするようなお薬を服用されている場合も鍼治療は出来かねます。なぜならば、内出血が起こりやすくなったり、施術により出血した部位の血がなかなか止まらなくなる時があるからです。

自分は大丈夫かな…と心配な方は、かかりつけのお医者様に鍼治療を受けてみてもいいか聞いてみてください。

お電話やホームページから予約ができます!是非ご確認を!

過去に書いた様々な記事もございます。宜しければこちらからご覧下さい!