1 ぎっくり腰や寝違いなどあらゆる動かすと痛いという「痛み」の緩和に強い。

※写真の女性はイメージ写真です、僕ではありません(笑)

僕は臨床家として10代の頃から、整骨院、鍼灸院、大手エステサロン、出張マッサージ、整形外科など様々なところで経験を積んできました。

更に、2015年に開業してから今日に至るまでも常に学び、技術を磨き、患者様の症状に真摯に向き合ってきました。

その中で、ぎっくり腰や寝違いなど、どこかを動かすことでどこかの部位が痛むとか張りがあるというような「動かすと痛い」症状をなるべく早期に、尚且つ大幅に改善できるという事に特化した方法を日夜研究実践し、実績を積んで参りました。

病院や整骨院では一般的に「動かすと痛い」症状がある場合、安静にする、湿布を貼る、痛み止めの薬を飲む、冷やす、温める、軽い運動をする、などと言われると思います。実際の施術法としては電気治療器とかリハビリ、マッサージなどが推奨されますが、正直高い効果は少ないように思います。

勿論、安静、固定、投薬、リハビリなど効果があってそれらが最良の処置である場合も大いにあります。でも、明らかな怪我とは違う、いわゆる繰り返しの負担が加わり続けて痛くなったというような「亜急性」の症状の場合は、教科書通りの処置や施術法ではあまり効果は見られないのです。整形外科や整骨院に通われている患者様で、何年も通ってマッサージと電気、温めなどを受けているけど症状が全く変わらないと仰る方は結構多いです。それに、少し前に痛めた箇所も治るのにとても日数がかかって、炎症があるからしょうがないと言われたりすることも多いです。

なぜ症状が変わらないかと言うと、適切な箇所に適切な施術を受けれていない可能性があります。

例えば腰を捻ると腰が痛いといった場合。痛む腰に湿布を貼ったり、痛み止めの注射を打ってもらったり、電気を掛けたり、マッサージをしたりしてもやっぱり捻ると腰が痛いというケースも多いです。この場合、例えばの話ですが、臀部の筋硬結部位を指で押さえたり、お腹側の急所を押えたり、腕の付け根の急所を押えたりすることで痛みが軽減する、又は全く痛みがないという状態に持っていくことが出来る事がしばしばあります。

何が言いたいかと言うと、真の「痛み」の原因部位が腰が痛いからと言って、腰にあるというわけではないという事です。

神経、血管の走行、筋肉、経絡、筋膜のライン、どこに筋硬結(硬くなっている箇所)があるか、など様々な角度からお身体を診ていき、お一人お一人に合った適切な施術ポイントを見つけていかない事には真の症状緩和は難しいのです。

おおまかな傾向はありますが、痛む部位と関連した真の原因部位はお一人お一人違います。それは、長年の「クセ」からきていたり、仕事上での特殊な動きであったり、趣味であったり、ここ何日以内に普段行わないことをしたりなど、何らかの特殊な負担が身体の「どこか」にかかり続ける事でそこと関連した箇所に症状が現れるのです。

その「どこか」というポイントを見つけて、なるべく早期に症状を改善させられるように施術していきます。

2 完全オーダーメイドの施術。

当院の自費施術のコンセプトは、時間内において患者様の症状が少しでも楽になる可能性がある施術法は、何をいくつ行っても追加料金は一切頂かないというものです。

マッサージ、等尺性収縮法、鍼、灸、吸角、無血刺絡、響きを与える鍼、頭痛鎮静の鍼、動かすと痛い症状改善の手技、刺絡(全身コースのみ)など、様々なアプローチ法があります。その中で興味がある療法があったら仰ってください。こちらからも効果が見込めそうな療法は提案させて頂きます。鍼や灸など苦手な方もいらっしゃると思いますので、十分患者様と相談させて頂いた上で最適な施術内容を決めていきます。

効果が見込めそうな療法は時間内で何を行っても追加料金なしではありますが、刺激量が多ければ多いほど良いというわけではありません。オーバートリートメントといって、刺激量が多いと逆に体が疲れてしまうこともあります。なので、患者様のお身体に罹る負荷を考慮の上で本当に必要な療法を厳選して行っていきます。

それでもなぜこのようなコンセプトで行っているかと言うと、「患者様が喜んで下さること、少しでもお身体が楽になる事は何でも行おう」という気持ちに基づいています。僕は以前働いていた整形外科、整骨院、鍼灸院、エステサロン、マッサージのお店など全ての場所で歯がゆい思いをしてきています。
どういう事かと言うと、どこの施術所でもやれることには制限がありました。それは他のスタッフとの兼ね合いや、代表者の考え方や店のルール上、いくら国家資格があっても勝手な施術法は出来なかったのです。どんなに患者様に鍼を打って欲しいと言われても店の方針でうちは鍼はやってないと言われれば打つことは出来ないし、いくらこの患者様にはこのような施術法が適しているのではないかと思っても他の施術者と足並みをそろえてくれと言われるので無理でした。
上記で、痛みの原因が必ずしもその部位にあるわけではない、痛む箇所にアプロ―チして変わらないようならば別の箇所に真の原因があるのでそれを探していかないといけないと言いましたが、病院では医師の処方に基づく箇所以外に勝手に施術することは出来ません。
これさえ出来れば…、~~さえあれば…、と数えきれないくらい考えました。患者様の症状改善の事を考えれば考えるほど周りのスタッフから疎まれたり見張られたり後で怒られたりしていました。しかし、今は独立開業し何にも縛られることなく、ただただ患者様のお身体の事だけを考えて施術できます。日々自分で技術や理論を学び研究し、様々な角度からアプローチしていくことで修業時代と比べて格段に技術は向上し、施術で効果を出せる幅も広がりました。(一部ですがブログに症状改善例を載せてますので良ければご覧ください)

もう、これさえあれば…とか、~~さえ使えれば…というようなことはありません。「患者様が喜んで下さること、お身体が楽になる事ならば何でも行おう」という気持ちのもと、自分の力が発揮できる環境を整えました。持てる力をすべて出し切り、お一人お一人の抱えるお悩み、症状に真剣に向き合っていきます。

3 丁寧なカウンセリングとアフターフォロー。

当院では、カウンセリング、問診に重きを置いています。

東洋医学の昔の考えで、見ただけでどこが病んでるか一発で分かる人は臨床家として超一流(神業)、患者様から発する音と匂いだけで分かる人は一流(聖技)、患者様から実際に話を伺って分かる人は凄いけど普通(工技)、話を聴いて実際に触ってみて分かる人は誰でもできる普通の臨床家(巧技)、みたいな考えがあります(笑)
見ただけでとか、匂いだけで病状が解るとか、確かにそれだけで正確に病状を解ったらとても凄い事ですが、この現代においては様々な側面から理学検査が出来るようにもなり、とにかく「正確さ」が求められます。我々臨床家は、レントゲンやMRIなどの機械を使った理学検査は出来ませんが、「視診」(どこが病んでいるか診る)「聞診」(音や匂いなど異常はないか感じる)「問診」(いつからどこが痛いか聞く)「触診」(皮膚や筋肉、血管神経などどうなっているか触る)という五感をフルに活用した「四診法」がとても重要になってきます。

四つとも全部重要ですが、特に「問診」は大切だと思っています。いつからどこが痛いかという事だけではではなく、患者様も意識していなくて患者様自身関係ないと思っている出来事や別部位のちょっとした痛みなどが本症状に大きく関わっているケースがあります。「今回の症状に関係ないだろうから言わなくてもいいか」という部分にこそ真の原因部位を見つけるきっかけがあったりするのです。
例えば、首の症状でも腕周辺の筋肉が原因の場合もあり、然るべき腕の付け根の急所を緩めるだけで大幅に寝違え症状が楽になることもあります。逆に言えば、この腕の急所に辿り着けないと首の症状はほとんど変わらず、なかなか治らないのです。患者様自身も、1週間前に1キロのダンベルで肩の外転運動を行った際に少し肩を痛めた。でも頚とは関係ないから言わなくていいかというように思われてる場合が多いので、いかにこの話を「問診」で引き出すことができるかというのがポイントになるからです。
首と関係しているお体の部位を触らせて頂いている間に真の原因部位にはいずれ辿りつけるとしても、症状改善の鍵をにぎる、真の原因部位を痛めるに至ったきっかけの時の話を早く引き出せるに越したことはありません。

そして、痛む箇所とそこに関連する真の痛みの原因部位はお一人お一人違います。
一つの症状に対して、どの部分に施術をすることで症状が緩和するかという最適なポイントを見出した上で、施術後にそのポイントをお教えします。どのようなお身体の状態になっていて、どこに負担が掛かっていて、どこの部位に刺激を加える事で症状が変化したかをお伝えし、なるべくご自身でも同じような効果が出せるセルフケア法をお伝えします。

割と急性の運動器の痛みやケガならば1~3回くらいの施術で症状が楽になるケースが多いですが、長期的に負担が掛かっている慢性的な症状ですと一度改善してもまた同じような使い方をしていると症状が戻ってきます。
それをすべて施術で取り切ることも出来ますが、患者様自身も最適なセルフケア方法を覚えて頂いて日々実践することで痛みにくいお身体を創ることが出来ます。

4 珍しい「刺絡」「無血刺絡」を行っている。

「刺絡」とは、伝統医療である東洋医学、鍼灸手技の一つで、手足の爪の付け根と背中にある特殊な経穴から「瘀血」という溜った悪い血を出すという療法です。

「無血刺絡」とは、脳神経外科の医師である長田裕先生が考案された画期的な治療法で、鍼を刺さずに「刺絡」の効果をだすというものです。

主に二つとも自律神経調整の効果が見込めます。
指先や背骨、頭、顔などは自律神経に影響を与えやすい部位と考えられており、症状に応じて然るべきポイントに施術していきます。
自律神経とは交感神経、副交感神経の二つからなっており、身体を緊張状態とリラックスの状態にするために常にバランスがとられている神経です。このバランスが崩れてその状態が長く続くと何らかの体の不調やトラブルに繋がってきます。

例えば、仕事が忙しかったり大きなプレシャーがかかっている状態。この場合は交感神経が優位になるわけですが、それにより身体は血管収縮、血圧脈拍上昇、内臓運動低下、免疫力低下など身体にとってあまり良い状態ではなくなります。
循環器系に負荷がかかる、排せつ摂食のサイクルが乱れる、食物栄養の消化吸収の働きが悪くなる、血の巡りが悪くなって痛みの
物質が出やすくなるなど。

その他、免疫力も低下します。血液検査の分画検査といって、交感神経優位の状態で白血球の分画検査を行うとリンパ球の値が減って顆粒球の値が増えます。これは免疫力が下がっている事を意味します。さらに、この顆粒球は活性酸素になります。活性酸素は胃腸粘膜を痛める作用がありますので、顆粒球はあまり多くてはいけないのです。

副交感神経優位の状態で検査すると、リンパ球が増えて顆粒球が減少します。副交感神経が優位になる事で、上記とは逆に副交感神経がゆういになる事で、免疫力アップ、内臓運動活性化、血流促進、血圧脈拍低下などと身体にとって良い事がたくさん起こります。

自律神経と刺絡を研究されている医師の安保先生、福田先生曰く「交感神経の害」といって、自律神経由来のあらゆる不調のほとんどは「交感神経優位」の状態が作り出しているという考えです。勿論、交感神経もなくてはならない大切な神経ですが副交感神経とのバランスが重要なのです。

刺絡療法では基本的に、「副交感神経」を優位にしていきます。

5 女性鍼灸師がいるので女性も安心。

元鍼灸専門学校で教員をしていた女性鍼灸師も在籍しております。勤務時間が、子育ての関係で平日10時30分から17時までですが女性鍼灸師の施術を希望される方はお気軽にお申し出ください。

筋骨格器系、一般臨床医学を基本とした施術の他、東洋医学を基礎とした理論と技術を得意としておりますので、経絡や経穴、東洋医学的な治療に興味のある方は是非お越し下さい。

主な施術メニュー
・経絡ヘッドマッサージ 20分 3000円
頭の急所を気持ちよくマッサージしていきます。自律神経調整、頭痛緩和、肩こり首こり緩和、仮眠を取りたい方に最適です。


・鍼灸治療   30分3500円
肩こり、腰の重だるさ、その他の不調などご相談下さい。


・お美顔の鍼  30分6000円
お顔の急所に鍼を打っていきます。アンチエイジング、肌トラブルなどご相談下さい。


・お美顔の鍼+経絡ヘッドマッサージ+かっさ 60分10000円
お顔の鍼と経絡ヘッドマッサージの他に、「かっさ」も行っていき血流促進を図ります。強めの刺激がお好きな方におすすめです。

・刺絡療法   60分12000円
指先や背中の急所に鍼を刺して瘀血と言われる溜った悪い血を出します。


・鍼灸治療による全身調整  60分12000円
東洋医学の見地に基づき、全身の状態を診て施術していきます。


※最初だけ初診料1500円別途かかります。