マッサージと鍼のコース。半身 / 全身

「マッサージと鍼」のコースは、気になる部位とその周辺の筋をマッサージでほぐして、さらに鍼を打って深部に刺激を与えて緩めていきます。

例えば、肩や腰が凝って凝ってしょうがないといった場合は、その部分を集中的にほぐして指でも届かない深層の筋や組織に鍼で刺激を加えていきます。

鍼治療はいくつか種類があります。

1 「響き」を与える鍼
これは、鍼を深部に刺し侵害受容器と言われる特殊なセンサーに当てる事で得られる特殊な感覚です。「ずーーーん」、「じわーーー」という感覚で、鍼でなくては絶対に得る事ができないとても特殊な感覚です。この「響き」が好きな人は大好きですが、苦手な方は苦手です…。「響かせる」ことでないがいいかと言うと、血流促進効果や鎮痛作用など様々ありますが一番は「筋膜のシワ」が伸びるということでしょう。「筋膜のシワ」とは、最近の研究で筋肉を包む膜にしわが寄ることで肩こりや腰痛が起こると考えられていて、整形外科などで生理用食塩水を筋膜のシワ部分に注射してしわを伸ばして症状改善などという治療法がテレビで一昔前によく取り上げられていました。
このしわを伸ばすという事ですが、エコー検査で鍼治療を検証した結果、響きが与えられた瞬間にシワが伸びたという事が確認されています。痛みやコリにはいくつか種類がありますが、筋膜のシワ由来の症状はこの鍼の響きが適していると僕は考えています。

2電気鍼
鍼を目的の深さまで刺入し、そこに直接電気刺激を送るというものです。とても恐ろしいものだと思われるかもしれませんが、鍼の刺激自体は前述の「響き」と違ってほとんど感じなく、電気刺激も感じるか感じないかくらいの強さから心地よい程度の強さまでお聞きしてかなり細かくボリュームを刻んでいきますのでご安心下さい。
電気鍼の効果としては、痛んだ組織に電気刺激を加える事で損傷個所の早期回復が見込めます。さらに、痺れや末梢神経障害などの場合、電気刺激は痛んだ神経細胞の回復を促す効果があると考えられています。だから整形外科などで電気治療器が幅広く用いられているのです。その電気治療器と電気鍼との差は、何と言っても電気鍼の方がダイレクトで刺激をくわえる事が出来るという事です。鍼が損傷個所に入っているだけで体は異物を認識します。そして異物を排除しようと、痛んだ組織を早く治さなくてはと大急ぎとなり、血管拡張作用、痛みを打ち消す脳内麻薬様物質の分泌などを促します。勿論、前述の「響き」でも同じような効果は得られますが強い刺激が」苦手な方は電気鍼の方が適していると思われます。

3無血刺絡
「刺絡」という事でどこにも「鍼」の字がありませんが、これも一種の鍼治療と言っても相違ありません。
これは、然るべき皮膚葉面に鋭い痛圧刺激をくわえていきます。でも鍼と違って決して皮膚を破ることはしません。痛圧刺激により自律神経に影響を与えて主にリラックスの副交感神経を優位にします。それにより、内臓運動活性化、血圧脈拍低下など体にとってよい事が様々起きますが、一番は刺激した箇所の血管が拡張するという効果が期待できます。
筋肉が硬くなると血の巡りが悪くなって血管壁から「内因性発痛物質」という痛みの物質が出てきます。これが溜ると重だるさや痛みを感じるようになります。なので、「無血刺絡」の痛圧刺激により症状の関連部位の血管をピンポイントで開かせて痛みの物質を散らすという方法です。これだけでひどいぎっくり腰や寝違えを追う払ったことも何度もあります。※詳しくはホームページのブログ、症状改善集をご覧ください。あとは、ストレスによる心因性、自律神経由来の凝りや痛み、だるさの症状にも適しています。


腰や肩頚など一カ所の症状の場合は、上記の半身コースをお選びください。

全身や、首、肩、腰など複数個所お辛い場合は全身コースをお選び下さい。

マッサージと調整コース。半身 / 全身

マッサージと調整コースは主に体の左右のバランスを整えていくコースです。

例えば腰を左右に捻った場合、左捻りは特に問題ないけど右に捻った時に左の腰が痛いもしくは突っ張るなどそのような左右差を然るべきポイントにアプローチしていき解消していくというものです。

これは今までの経験と合わせて、神経、血管、筋肉、筋膜、関節、経絡などさまざまな側面からお身体を拝見させて頂き、真の症状の引き金となっている箇所を探して緩めていくという手技です。

上記のように例えば腰の捻り動作一つとっても、腰ではなく上腕の硬さやふくらはぎの硬さ、お腹の筋肉の硬さを和らげることで解消する場合もあります。股関節と膝の症状も頭や首へのアプローチで解消したケースもあります。

動かした時に感じる突っ張り感や痛みの原因はその部位にないという事が多いです。むしろ痛みが安静にしていてそのうち治まったとしても、真の原因部位を緩めるというケアを行わないとまた再発する可能性が高いです。

その真の原因部位とは人によって違います。不摂生のために内臓からくる場合もあれば、仕事が忙しくストレスがたまり自律神経からくる場合もありますし、仕事や趣味などで特殊な体の使い方をしていてその負担が少しずつ溜ってどこかの部位に症状が出ている筋肉由来の場合もあります。身体にはいくつも筋肉やそれを包む筋膜という膜の繋がりのラインがあります。それを一本のゴム紐に見立てたとしましょう。それで腰が痛いとするならば腰の部分のゴム紐が少し切れて痛んでいる状態なんですね。その痛んでいる部分の延長線上で硬く結ばれて「ダマ」になっている箇所があるとします。このダマのせいでゴム紐の「あそび」余裕がなくなってしまっていて動かした際に痛んでいる腰の部分の傷口が開いて痛むが出るのです。逆に言うと、ゴム紐全体に適度に余分な緩み、「あそび」があればその分引っ張られても傷口が開かずに痛くないという事になります。
上記の写真はイメージ写真ですが、マッサージと調整コースではそのように、症状の引き金となっている真の原因部位を探して緩め、左右差を一つづつ解消していきます。


全身コースの場合は、マッサージで筋肉を緩めた後に、肩、肩甲骨、首、腰、背中、股関節など様々な箇所の左右差を診ていき、動かした時の突っ張り感や痛みを解消していきます。

料金とコンセプト。

半身コースの場合は時間が30~40分で、初回のみ別途初診料1500円、施術代は6000円です。
全身コースの場合は時間が60約分で、初回のみ別途初診料1500円、施術代は12000円です。

当院の自費施術のコンセプトとして、患者様の症状が少しでも楽になる可能性がある施術は何をいくつ行っても追加料金は一切頂きません。鍼、灸、マッサージ、吸角、響きを与える鍼、調整、無血刺絡など。※刺絡だけは全身コースのみ。※刺激量が過度と判断した場合は施術出来かねる場合があります。刺激量が多すぎると局所の組織が壊れて痛みが出たり、身体が疲れる可能性があります。

本気で治したい方、定期的なケアを受けたい方へ。コミットメントコースのご案内。

当院では、本気で治されたい方や、定期的なメンテナンス、ケアを受けたい方向けにコミットメントコースというものをご用意しております。


※30分コース、半身コースの場合。
3カ月通いたい放題20万円。
6カ月通いたい放題38万円。

30分6000円の「動かすと痛い症状改善の手技」「マッサージ+鍼(調整)」「頭痛鎮静コース」「あなただけのオーダーメイドコース半身30分」のコースでご利用頂けるプランです。
3カ月間営業日内で通いたい放題のプランで20万円です。本来、一回6000円×例えば月に20日×3カ月=36万円のところ、20万円なので16万円お得です。6カ月の場合は34万円もお得です。



※60分コース、全身コースの場合。
3カ月通いたい放題40万円。
6カ月通いたい放題56万円。


本気で症状改善を考えるならば、こちらの通いたい放題のプランを強くお勧めします。急性期の症状や一過性の症状ならば月に数回程度の施術でそれなりに改善されると思われますが、慢性的な症状に関してはある程度の時間はかかります。最低でも3カ月、場合によっては6カ月~1年などの場合もあるでしょう。お身体の状態は僅かながら日々変化していきます。
その中で、今お身体がどうなっているのかという事をお教えして適切な施術を行うのが私の専門的な仕事です。バランスを調整して良い方向へ働きかけるという施術をなるべく間を空けずに行っていくことでお体も良い方向へ変化しやすいのです。

本気で治すには、「間を空けずに施術を受ける事」ここが一番重要になります。

症状改善に向けての施術+再発防止の対策+日々のメンテナンス、これを最低3カ月行うことで、日常生活でお困りの症状を緩和できる可能性が高まります。

そしてそのためには、患者様自身も「生活するにあたって何で一番困っているか」を明確に把握し、「どのような自分になりたいか」を強くイメージして「絶対に良くなってやる」という強い気持ちをお持ちください。

どこに行っても変わらなかった症状をお持ちの方、本気で治したい方、定期的なケアを受けたい方は是非当院のコミットメントコースをご検討下さい。


※非可逆的変性が起こっている症状、鍼灸及びその他手技の専門外の症状、その他当院の施術は適していないと判断した場合などはお受けできないこともございます。

※ネット予約の際は「あなただけのオーダーメイド半身(全身)コース」をお選び頂いても結構です。