ただいま準備中

ぎっくり腰や寝違いなどあらゆる「動かすと痛い」症状をお持ちの方へ。

私は長年かけて。あらゆる動かすと痛い症状を少しでも早く尚且つ少しでも大幅に楽にするための理論と技術を探求してきました。

当院にお越し頂く患者様の症状の割合は、捻挫、打撲などの急性の怪我の患者様は3割くらいで、残りの7割は特に怪我をした覚えもないけれども確実に痛みがあってどこかしらを「動かすと痛い」という確固たる症状のある、いわゆる亜急性の怪我の方々です。

この亜急性の怪我、どこかを動かすと痛いという症状は誰しも起こりうるもので、主に血の巡りが悪くなることにより痛みの物質が血管壁から出てそれが停滞することで症状が出るものが多いです。筋肉が硬くなって、血の巡りが悪くなって、動きが悪くなって、筋肉と筋肉の間で滑走障害が生じて