悪い血を出す刺絡(シラク)療法について。

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院で院長をしております、野坂 俊史と申します。
東京都23区でも珍しい刺絡治療を専門で行っています。

ちょっと衝撃的な写真かもしれませんが、このようなの見たことありませんか??

左の写真が井穴刺絡療法。右が背部兪穴からの刺絡療法です。

一般の方にお聞きすると、「汚い赤黒い悪い血を抜くアレでしょ?」「名前がわからないけど、アレ昔おばあちゃんがやってた」「カッピング??みたいな感じで血を出すアレでしょ??」と仰います。

皆様に是非覚えて頂きたい野ですが、「アレ」は「刺絡」(シラク)といいます。

定期的に刺絡を受けて下さる当院の大切な患者様にお聞きしたら、見れば分かるけどまず「刺絡」っていう名前がわからなくて、検索するにしてもどう検索していいかわからない
という風におしゃっていました。

まだまだ認知度が足りない療法なのだと思います。

当院のページをご覧頂いた方だけでも覚えて頂きたく思います!

刺絡療法は簡単にいうと、自律神経を調整して様々な不調や症状を緩和するのに高い効果が見込めます。下の項で少しずつ説明して行きます。

刺絡療法に対する僕の思い。なぜ刺絡なのか?

刺絡療法は、列記とした東洋医学的見地に基づき行う鍼術の一つです。
最近では、西洋医学的に井穴という指先の刺絡で使う急所に刺激を与えると自律神経に影響を与える事ができるという効果があると脳外科の医師も認めています。

僕はこれまで、「千住の名倉」の流れを汲む名門鍼灸整骨院で修業したり、大手高級エステサロンで働いたり、出張マッサージの店で働いたり、整形外科で医師の元つきっきりで診察補助を何年も行ったりと様々な臨床経験を積んできました。

その中で、患者様の症状が変わらないものは何をやっても変わらない。薬、注射、電気、マッサージ、関節矯正、カイロ、鍼、灸あらゆる療法を用いても変わらないものは変わらないと思っていました。
…もっとも、経年的変化からくる関節の変形とか、内臓、神経系の器質的な異常や欠損、重篤な症状やその症状の増悪期など、どうしても良くならない、時間が解決するしかない疾患や症状もあります。

しかし、自分で開業して刺絡療法を本格的に行うようになってからは、改善できる症状の幅が大きく広がりました。
医師の加護の元行っていたリハビリの時よりも、すごい経験をたくさんしてる偉い整骨院の先生のもと施術を行っていた当時の僕よりも、刺絡を駆使した今の自分の方がはるかに患者様の症状改善に貢献できているのです!

刺絡療法は、WHOで認められている決められた経穴を狙い鍼灸師が使う鍼を使い、溜った血が出た分だけ拭くという療法。これは違法でも何でもない、鍼灸師にしかできない、鍼灸師にのみ与えられた特別な権限です。適当なところから注射針を用いてザクザク刺して血を流す医師が行う瀉血とは全く違うのです。
鍼灸師といえど昨日今日でいきなり出来るものではなく、刺絡専門で独自に研究し経験を積んできた者にしか出来ません。
さらに当院で行っている刺絡は西洋東洋医学両方の経験、技術、実戦での閃きを合わせた僕にしかできない方法です。

もし辛い症状を抱えていて、病院、整骨院を色々渡り歩いている方がいらっしゃったら、是非当院の刺絡療法をお受け下さい!!

痛くないの??痕が残るとか色々大丈夫??

痛みはほぼありません。

スプリングが入った特殊な鍼を使い、一瞬で皮膚を1〜2ミリ程切ります。一秒もかかりません。
その後、左の写真のようなガラスのカップを用いて皮下1、2ミリの部分から血を抜きます。

アルコールを含ませた綿花を燃やし、火でガラスのカップの中を真空にします。そして即座に皮膚の上に載せます。全然熱くなく、カップ内が陰圧になり皮膚を強烈に吸い上げます。
それにより、溜った瘀血を吸い出すのです。


しかし、施術後は三稜鍼によりついた傷と、吸角(ガラスのカップ)によりついた内出血の後はしばらく残ります。
通常の状態であれば約2週間、恐らく3週間もすれば完全に消えるでしょう。

吸角(ガラスのカップ)を使うと確かに内出血しますが、その内出血が消える時に周辺の組織に様々な良い影響を与えると考えられています。
内出血箇所組織の修復と合わせて、周囲の血流促進や好中球の増加を促し免疫力が上がったり、血液循環が良くなる効果が見込めます。

何に効果があるの??

刺絡療法は、井穴や背部兪穴に刺激を与えて血を多少抜くことで自律神経に作用する、自律神経を調整する効果があります。
これは、西洋医学的に医師により実証済みですので中国3000年の歴史とか、東洋の神秘とか、プラシーボ効果などの類ではありません。

自律神経とは交感神経、副交感神経の二つからなり、簡単に言うとオン、オフの神経です。
仕事中や、クマと戦う時、全力で走って逃げる時、なんらかのストレスがかかっているONの状態が交感神経優位と考えられます。
逆に、寝る前とか休んでいる時OFFの状態が副交感神経優位です。

この自律神経のバランスが崩れることにより、様々な痛みや症状が出やすくなるのです。
なので、刺絡療法を行うことにより高まっている神経を下げて症状を緩和させる、または弱くなっている神経を高まらせて症状を緩和させるというように、身体にとってよい方向に自律神経を導いていきます。

理屈としては上記の通りですが、当院で刺絡により改善した症例を具体的に書いていきます。

ぎっくり腰、寝違え、高血圧、アレルギー疾患、経過観察言われた腎結石や胆石による痛み、
ひどい肩こり、慢性的な腰痛、風邪で声が出ない、原因不明の強い全身の痒み、自律神経の乱れ、頭痛、腱板損傷による肩の可動時痛、50肩、変形性股関節症による股関節の痛み、不眠

などです。

この他にも気になる症状がありましたら気軽にご相談下さい。

自律神経の乱れが症状の原因になっていることは大いにあります。気になる方はお話だけでもいいので是非お越しください!

時間は60分で12000円です。しかし…

時間は60分で12000円です。その他、最初だけ初診料が1500円かかります。
当院のコンセプトは、時間内で患者様の症状が改善する見込みのある療法は何でも、追加料金なしで行わせて頂きます。

なので例えば、刺絡以外にも6000円相当の「響きを与える鍼」+3000円相当の「調整」+5000円相当「マッサージ」などこの時点で1万4000円です。これプラス「刺絡」12000円が加わりますので総額2万6000円です。それが12000円で、お身体に良い療法はすべて出し惜しみなく提案させて頂き、患者様の了承が得られたらすべて行う(時間内で)というシステムです。

刺絡は、特殊な道具を使うのでその手入れ、血液の処理などの面からもどうしても価格が高くなってしまします。なので最低でも1万円は料金を頂いております。

しかし、それ以降は追加料金など野暮な、患者様の交感神経が高まるような提案は一切いたしません。むしろしたくありません。
なので、僕が提案させて頂くのは、患者様のお身体が少しでも良くなる可能性がある療法の話だけです。

本来10回で12万円のところ、10万円と2万円もお得な回数券を用意致しました。

ご予約はこちらからお願い致します。

お問い合わせはこちら!

…ちなみに、血を出さないで刺絡の効果を得る「無血刺絡療法」をご存知ですか??