肩首背中のこり、冷えなどからくる筋緊張型頭痛。

デスクワークなどで頚肩背中の筋肉が硬くなってくると血の巡りが悪くなって、頭の後ろ当たりがずーーんと重く痛くなってきます。これを筋緊張型頭痛と言います。

施術方針は、頚肩背中の筋緊張緩和、頚肩後頭部周りの血管拡張です。
マッサージや無血刺絡、鍼も効果的です。眼球運動を行うと後頭下筋群という頚の奥の筋肉が硬くなり血の巡りが悪くなることがサーモグラフィで確認されています。筋肉を揉みほぐすマッサージや、神経血管自律神経に影響を与える無血刺絡他に、深部の筋肉にダイレクトで刺激を加える事が出来る鍼治療もおすすめです。マッサージ、無血刺絡で改善しない頭痛症状の時は鍼を行うことが多いです。

筋緊張型頭痛は寒冷刺激によって起こることもあります。慢性的な頭痛ではなく、寒冷による突発的な頭痛の場合は、マイクロ波を頚肩周辺に照射するだけで追い払える場合もあります。

片側の側頭部が痛む、片頭痛(血管拡張型頭痛)

気圧の変化やポリフェノールの取りすぎ、お酒の飲みすぎ、疲れなど何らかの因子が加わって側頭部の血管が拡張して周辺の神経に触れてズキンズキン痛い頭痛を片頭痛(血管拡張型頭痛)と言います。

気圧が下がると副交感神経が優位になって血管が拡張しやすくなります。ポリフェノールなど血管拡張作用のあるチョコやコーヒーなどの取りすぎもよくないです。お酒を飲むと血中アルコール濃度が高くなるのでそれを薄めるために血管内に水分を多く取り込むと血管が拡張します。
側頭部の知覚神経は三叉神経です。なので血管が膨らんで普段は当たる事のない三叉神経に心臓の拍動と同時に刺激を加えるのでズキンズキンと拍動性の痛みになるのです。

この場合の施術方針は、血管を収縮の方向へ持っていくことです。はちまきを撒く、冷やす、消炎鎮痛薬を飲むなど皆様されることでしょう。
それらもいいと思います。当院では無血刺絡を主に行います。痛圧刺激は自律神経に影響を与えて中庸に戻す働きがあると脳神経外科医の長田裕先生は仰います。頭やお顔、特に三叉神経のポイント、外頚動脈(側頭動脈が拡張して三叉神経を刺激しているので)などを刺激することで大幅に症状が改善するケースも多いです。

あとは、首の急所を指圧や鍼で響かせたりするのも効果的な場合が多いです。

ロキソニンやバファリンと言った薬局で買える消炎鎮痛薬の事をエヌセイズと言いますがこれを飲むのも一つです。エヌセイズは炎症を引かせて痛みを抑えるのと同時に、血管を収縮させる副作用がありますので飲むと効くのは理にかなっています。しかし、慢性的な片頭痛の持ち主や、薬があまり効かない片頭痛の患者様は鍼や無血刺絡など別のアプローチが必要です。それでも治らない、ガンガンとても激しい頭痛で立てない歩けない、めまい、強い吐き気、視力障害、感覚障害、麻痺、ろれつが回らないなどの症状がぁある場合はすぐに救急に相談してください。

後頭部付近がピリピリ痛む、後頭神経痛。

交通事故などの大きな外力が首に加わった後、姿勢不良、首や頭の手術後などを契機に、頭の後ろ当たりがピリピリ痛む頭痛を後頭神経痛といいます。くしで髪をとかしたり風吹いたり、振り向いたりするだけでもピリピリ痛みます。

首の付け根あたりから後頭部にかけて伸びている後頭神経の支配領域で起こる痛みです。首の前後面の急所をほぐしたり、頭と首の骨の間やその周辺に無血刺絡を行ったり、温めたりすることで解消しやすくなります。

僕も今まで3度、姿勢不良が原因で後頭神経痛を発症していますが軽い物ならばほっとけば何日かで治ります。施術を行うことでより早く痛みを追い払えると思います。
しかし、後頭部や頚部の術後、交通事故後の後頭神経痛は施術しても長くかかるケースもあります。でも、温める、、無血刺絡、周辺の急所を手で押さえるなどそのうちの何かが抜群に効いて楽になるケースもありますので、様々な側面からアプローチをすることは大切です。

眼の奥がキリで突かれるようにとても痛い、群発性頭痛。

眼の奥がキリで突かれてるのかというくらいとても痛いと教科書には書かれています。片頭痛の一種とも考えられていて治療法は片頭痛のそれに準ずるとも書かれています。

当院でも何名か群発性頭痛の方がお見えになりました。

薬を飲んでも目薬をさしても全く効かない、MRIをとっても異常はない、単なる目の疲れと言われたなど。そのような状態で一番効果的だったのは鍼の響でした。
強い痛みや症状の場合は、あえてそれを上回る強い刺激が効果を出す場合があります。頚の付け根の急所に鍼で刺激をして響きを与える事で、本日当院に来た時よりも楽になったと、そこから定期的に施術をすることで群発頭痛の発作が起きる頻度が減った、起きても軽くなった、最近では全く起きなくなったという声を頂いています。その当時は無血刺絡の技術は持っていなかったので群発性頭痛に対して今は、鍼の響きの他に無血刺絡も効果が出る可能性がおおいにあるのではないかと考えています。

とても強い頭痛があって病院では異常なしと言われている方は是非一度当院へお越しください。

当院で効果が出た症例の一部。

症例1 生理周期により定期的に起きる片頭痛

いつもは生理中ずっと片頭痛が続いていたが、一度目の施術で次の日から頭痛症状が治まる。
今でも、生理前は必ず鍼治療を行っている。それにより、閃輝暗点(片頭痛の前駆症状)もあまり起こらなくなり、なによりまた頭痛が続くという不安感が解消された。



症例2 寒冷による筋緊張性頭痛

寒さと曇りの天気が重なると、決まって頭の後ろの方が全体的に重だるくなる患者様。まず後頚部にマイクロ波を照射。深く温熱刺激を加えることにより血流が促進され、それだけでも大幅に楽になる。その後手技と鍼を行い、その場で頭痛症状が解消される。




症例3 長期的な緊張状態により常に続く片頭痛

就職活動をしている学生の患者様。何社も企業にエントリーし、書類を書き、テストを受け、面接に向かい、結果を待つ。この繰り返しの中で常に気が休まらず、弱い片頭痛が何日も続いた。鍼治療後、次の日から頭痛が治まる。数日後また痛くなるかと思ったが、その後の再発はなく、就活に専念できている。




症例4 姿勢不良からくる後頭神経痛

常に後頚部に負担がかかり、後頭神経痛を発症。髪をくしでとかしたり少し動かしたりするだけで後頭部に違和感や痛みを感じていた。頚の反りや関節、筋膜の調整後、鍼を行う。その場で髪を触ってもらったり首を動かしてもらい痛みがあるか確認。それを繰り返し、一回の施術で症状が改善する。




症例5 眼精疲労と医師に言われ続けた群発性頭痛。

目の奥が凄く痛くなる、目を開けられなくなるほど辛い時もある、という症状の患者様。近年ITの普及により知らず知らずのうちに目を酷使している、すなわち眼精疲労という形で診断を受け、お薬を飲み続けても症状は変わらない。当院で片頭痛に順ずる鍼治療を日中行い、その日の夜に症状が改善される。



まだまだ、デスクワークの方の頑固な筋緊張性頭痛や、子育て中のお母様の辛い片頭痛が改善した症例などありますが、これくらいに留めておきます。

体質の変化により起きる頭痛という少し特殊な例や、珍しい群発性頭痛や後頭神経痛に関しても治療効果を挙げている経験がございますので気になる方は是非一度お越しください。

料金とコンセプト。

一回6000円で初回のみ別途初診料1500円かかります。

時間は30分から40分前後です。

当院の自費施術のコンセプトとして、患者様の症状が少しでも楽になる可能性がある施術は何をいくつ行っても追加料金は一切頂きません。鍼、灸、マッサージ、吸角、響きを与える鍼、調整、無血刺絡など。※刺絡だけは全身コースのみ。※刺激量が過度と判断した場合は施術出来かねる場合があります。刺激量が多すぎると局所の組織が壊れて痛みが出たり、身体が疲れる可能性があります。

本気で治したい方、定期的なケアを受けたい方へ。コミットメントコースのご案内。

当院では、本気で治されたい方や、定期的なメンテナンス、ケアを受けたい方向けにコミットメントコースというものをご用意しております。

3カ月通いたい放題20万円。

6カ月通いたい放題38万円。

30分6000円の「動かすと痛い症状改善の手技」「マッサージ+鍼(調整)」「頭痛鎮静コース」「あなただけのオーダーメイドコース半身30分」のコースでご利用頂けるプランです。

3カ月間営業日内で通いたい放題のプランで20万円です。本来、一回6000円×例えば月に20日×3カ月=36万円のところ、20万円なので16万円お得です。6カ月の場合は34万円もお得です。

本気で症状改善を考えるならば、こちらの通いたい放題のプランを強くお勧めします。急性期の症状や一過性の症状ならば月に数回程度の施術でそれなりに改善されると思われますが、慢性的な症状に関してはある程度の時間はかかります。最低でも3カ月、場合によっては6カ月~1年などの場合もあるでしょう。お身体の状態は僅かながら日々変化していきます。
その中で、今お身体がどうなっているのかという事をお教えして適切な施術を行うのが私の専門的な仕事です。バランスを調整して良い方向へ働きかけるという施術をなるべく間を空けずに行っていくことでお体も良い方向へ変化しやすいのです。

本気で治すには、「間を空けずに施術を受ける事」ここが一番重要になります。

症状改善に向けての施術+再発防止の対策+日々のメンテナンス、これを最低3カ月行うことで、日常生活でお困りの症状を緩和できる可能性が高まります。

そしてそのためには、患者様自身も「生活するにあたって何で一番困っているか」を明確に把握し、「どのような自分になりたいか」を強くイメージして「絶対に良くなってやる」という強い気持ちをお持ちください。

どこに行っても変わらなかった症状をお持ちの方、本気で治したい方、定期的なケアを受けたい方は是非当院のコミットメントコースをご検討下さい。


※非可逆的変性が起こっている症状、鍼灸及びその他手技の専門外の症状、その他当院の施術は適していないと判断した場合などはお受けできないこともございます。