あらゆる筋骨格器系の「動かすと痛い症状」ご相談下さい!!

症状にもよりますが、痛む患部をいくら温めても、電気をかけても、マッサージしても、鍼を打っても、お灸をすえても、ストレッチをしても、テーピングをしても、痛み止めの注射を打っても、薬を飲んでもあまり楽にならず、改善しないケースがあります。

痛む場所じゃなく…

肩の症状に対して指先を刺激して可動域をあげたり、

ぎっくり腰の施術に膝裏やお腹の筋肉を刺激して僅か2回で症状を改善させたり、

スポーツで痛めた大腿部の運動時痛をふくらはぎの施術で改善させたり、

頑固な肘の痛みを股関節の筋肉を緩め改善させたり、

挙げればきりがないほど当院では、痛む場所から離れた、しかしその部位が痛む過程において繋がりのある筋肉や急所を刺激し、効果を出してきました。

改善率は85%以上を誇っております。

神楽坂近くの東五軒町鍼灸整骨院へ、是非お越しください!!

痛い箇所と繋がりのある、離れた筋肉や急所を刺激して効果を出していきます。

痛む部位に原因がない事があります。

特に「動かすと痛い」症状はそのようなことが多いです。ある動きをすると特定の部分が痛くなるという症状、「動かす」という事は様々な筋肉、関節が複数動き一つの「動き」になっています。もちろん、部位によって単純な筋肉、関節運動もありますが、複雑な動きをする場所こそ複数個所に負担が掛り結果、ある一定の動きをすると痛みが生じるのです。

一般の方や、並みの施術方法しか知らない臨床家では到底想像すらも出来ないようなポイントを見つけそこを緩めたり、刺激をしていくのです。

整形外科の医師の元であらゆる症状に対する処置の基礎を習得し、怪我のメカニズム、解剖学、運動学を頭に入れた上で、それをベースに、独自の理論、経験、東洋医学を併せた診方と施術方法を実践する。僕以外にはできないオリジナルの方法です。

施術時間は約30分です。

状態によって施術時間が前後することはあります。

ただ一つ言えることは、施術時間はなるべく短い方が良いです。
なぜかというと、長い時間体に刺激を与え続けると神経も筋肉も疲れてしまうからです。

急所(経穴というツボ)を押すと、ジーーーンと響く感覚があります。人によっては痛くて冷や汗が出そうになったり、それにより血圧が上下する場合もあります。

全部が全部強い刺激ではありませんが、僕が刺激するところは割と圧痛などの何らかの反応が得られるところが多いです。

そのような箇所を何時間もあちこち刺激され続けるという状態を想像してみるだけでも疲れると思います…。

あと、施術時間がなるべく短い方が良い理由は、身体への良い反応が出にくくなるという理由もあります。

必要以上に急所を刺激しすぎると感覚受容器が刺激に慣れてしまいます。
どこが響いていて、どこが効いているのかが分からなくなって良い刺激、反応がすべての感覚刺激の中に埋もれてしまうのです。

なので僕は約30分で症状緩和の道筋をつけ、施術を行い、動きを改善するように努めています。

施術料金は6、000円です。

約30分で当院独自の調整法を行っていきます。しかし状態によっては鍼、お灸、刺絡、吸角などの施術の方が効果が出る場合もあります。または調整法とそれらの療法の併せ技により効果が出るという事も大いにあります。

そこで、僕から患者様に一つお約束がございます。

患者様の同意を得た上で、30分の時間内であれば当院独自の調整法の他、どの療法をいくつ行っても追加料金は一切頂きません!!

実際の例ですと、肩の腱板損傷の患者様、50肩の患者様は肩の調整法の他、肩周辺の電気鍼と井穴刺絡療法を併せて施術させて頂きました。

通常であれば21,000円のところ6,000円です。
※但し、上項の通り無駄に多い刺激、強い刺激は身体に悪影響ですので追加施術は必要最低限のものとさせて頂きます。ついでにこっちもという形で全くの別部位の施術は出来かねますのでご了承下さい。

「動かすと痛い」症状をお持ちのあなた!一緒に症状改善に向け歩んで行きましょう!!あなたのご来院を心からお待ちしております!!