そもそもファスティングとは?

ファスティングとは断食とも言われます。
固形物を一定期間摂取しない期間を意図的につくり、内臓を休ませ身体の機能をリセットさせます。
古来では修行の一環として取り入れられていましたが、現代では形を変え反映されています。
ダイエット目的としても注目されることの多いファスティングですが、その他にもデトックスや体質改善などを目的として活用されることも少なくありません!

こんな方におススメ!!

・産後の体重が思うように落ちなくて困っている。

・体重は落ちたのに体型が妊娠前と全然違う!

・鏡に映った今の自分を見たくない。

・産後、もしくは妊娠前から便秘がある。

・出産してから身体の疲れがなかなかとれない。

・化粧のノリが良くない、肌荒れが多くなった。

・風邪や腹痛など、体調を崩しやすくなった。

固形物を食べないって…お腹は空かないの?

ファスティングを行う上での空腹問題は自分がやることを想像すると誰しもが心配になるのではないでしょうか?
ですがご安心ください!ファスティング中の空腹感はほとんど起こりません。空腹を感じるのは実際にお腹が空いているわけではなく、脳が糖分を欲しがっているから「糖を摂取して!」という脳からの指令によるものです。
ファスティング中はしっかりと専用のドリンクによって身体に必要な糖分や栄養を摂取できるため、身体が満たされ空腹館が起こりにくいという訳です。

リバウンドが起こりにくい!

ファスティングマイスターサポートのもと、適切な流れでファスティングを行うためリバウンドが起こりにくいです。食事の摂り方や摂取する食材によってはファスティングの効果を薄めてしまうことがあります。

もちろんファスティングを行った後にファスティングフードや高脂質の食事がメインの食習慣になってしまうようであれば、リバウンドの可能性は考えられます。
ただ、ファスティングを行った後の身体は身体の毒素が抜けただけではなく胃の大きさも小さくなります。
そのため、今までよりも少ない量で満腹感を得やすくなり暴飲暴食の予防につながります。

3日間ファスティングの流れは?

ファスティングは大きく3つの期間に分けられます。
それぞれ準備食期間、ファスティング期間・回復食期間となります。
それぞれ日数や過ごし方が異なりますがどの機関もファスティングを成功させていくためには欠かせない重要な期間です。

準備食期間!(2日間)

準備食期間はファスティングを負担無く過ごしていくための大切な期間です。この準備食期間は2日間あります。人によっては3日間の場合もありますがほとんどの場合2日間で完了します。
主に「マゴワヤサシイ」中心の食生活で過ごしていただきます。

ファスティング期間!(3日間)

準備食期間の2日間が完了したら次にやってくるのがこのファスティング期間です。このファスティング期間は3日間あります。この3日間は固形物の摂取は行わず、専用のファスティングドリンク、ルイボスティー、水のみで過ごしていきます。
上述の通り特別、空腹感は起こりません。
この期間で身体のデトックスと脂肪燃焼を促進させていきます!

回復食期間!(3日間)

3日間ファスティングの最後にやってくるのがこの回復食期間です。この回復食期間は3日間あります。簡単に言うとお粥やフルーツなどをゆっくり食べ始めていく期間です。ファスティングを行って胃の大きさもリセットされるため、少量でもとても満足できます。

最後までやりきれるか不安…

「お腹は空かない!」「デトックスできる!」などといくら言われても、初めてのファスティングは不安になりますよね。

ですがご安心ください!
専門の知識を持ったファスティングマイスターがあなたの頑張りをサポートいたします!
また、妊婦産後専門の整体師という目線も持ち合わせながら、みなさんの立場になって一緒にサポートをさせていただきます。

安心!ファスティングマイスターのサポート体制付き!

知識が薄い状態でファスティングに取り組むのは体調不良へつながる可能性が高いため、リスクを伴ってしまいます。
ファスティングについての知識が無い方や初めてファスティングを行おうとしている方でも安心して取り組んでいただけるよう、ファスティングマイスターの資格を持ったスタッフが頑張るあなたをサポートします!

24時間LINEでご質問・ご相談が可能!

ファスティングを行っていて分からないことや、ご相談などがあればLINEでいつでもご相談ください。あなたのお悩みに対してファスティングマイスターがご対応させていただきます。

体調が悪くなることはあるの?

この点を心配される方もいるのではないでしょうか?
簡潔に言えば「体調が悪くなることはあります」ただ、全員に起こるとは限りません。
そしてこの体調不良の多くは「好転反応」といって身体の毒素が体内から排出されるタイミングで起こりやすくなります。
症状として見られるのは一時的な吹き出物、頭痛などが主なものになります。
これらに対してもそれぞれ対処法がありますので、もし不調が見られた際はファスティングマイスターへご相談ください。

ファスティング中の禁止事項はあるの?

ファスティング期間中は禁止事項がいくつかあります。
まず期間全体を通して「飲酒」「喫煙」は全て禁止になります。
ファスティングで体内の環境をリセットしていくため、こういったものは体内に取り込まないようにしましょう。
摂取している場合、体調不良の原因になります。
旦那さんやご家庭に喫煙者がいる場合は副流煙にもご注意ください。

そしてもう一つ挙げられるのが授乳です。
ファスティングは血液中を体内の毒素が循環するタイミングがあります。母乳の主な成分は血液であるため、デトックスが始まった段階での授乳は毒素を赤ちゃんに飲ませているということにもなり兼ねません。

また禁止事項ではありませんが、ファスティング期間の1日目と2日目(全体の3日目と4日目)は眠気が起きやすくなるため、長時間の運転には充分ご注意ください。

ファスティング中に控えた方がいいものは?

上記で禁止事項を述べました。
ここでは「禁止」とまでは言いませんが控えておいた方がおススメなものをご紹介します。
これらを控えることでよりファスティングでの効果を上げることや、ファスティング期間中の身体への負担を減らすことにつながります。

・カフェインの摂取
・肉や卵などの高たんぱく食品・高脂質食品
・精製食品(砂糖・小麦・白米など)
・人工甘味料(ジュース・ガムなど)
・市販薬やサプリメント
・食品添加物(コンビニ食・スーパーのお弁当など)

可能な方は準備食期間に入る前の段階からこれらを控えていただけると、身体への負担が少なくなります。

ファスティングを行えない人はいるの?

ファスティングを行う前にカウンセリングを行います。
判断によってはファスティングをお断りさせていただく場合がございます。

以下、ファスティングをお断りしている方

・妊娠中の方
・授乳中の方(例外あり)
・投薬中もしくは投薬を中断すると危険な方
・胃、十二指腸潰瘍のある方
・癌、または癌の既往歴がある方
・心筋梗塞・脳卒中の既往歴がある方
・中学生以下の方

これが実際の体型・体重の変化!

これは実際に私が3日間ファスティングを実践したときの変化です。左側の写真はファスティングを取り組む2日前の写真、右側の写真は回復食期間が終了した段階での写真です。
向かって右側のお腹のくびれがくっきり出ているのがお分かりいただけるかと思います!
そしてこちらは3日間ファスティングを取り組んでいる最中の
体重・筋肉量・対脂肪率・腹囲をそれぞれたどったものです。
できるだけ毎日、可能な限り同じようなタイミングで計測をしてみました。

1/13から準備食開始
1/15からファスティング開始
1/18から回復食開始

というような流れです。
多少筋肉量は落ちたものの体脂肪もしっかりと落ちているのがお分かり頂けると思います。
写真には写っておりませんが顔のサイズも一回り小さくなりました。

体重・体型以外の変化は?

実際に取り組んでみて、とにかく毎日の調子良さを感じていました。朝の気持ちの良い目覚めから始まり、「身体が軽い」とはこういうことかと、日に日に快適になっていく自分の体の変化を楽しみながら過ごしていました。

もともと太っていた訳でもなく特段体調を崩してしまうことも少ない私ですが、ファスティングをしていく中で今までよりも毎日をスッキリと迎えられる喜びも味わうことができました!
ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます!
少しでもファスティングに興味を持っていただいた方、あなたの頑張りをファスティングマイスターの私が誠意を持ってサポートしますので、一緒に頑張ってみませんか?
↑ファスティングマイスター吉川真輝のLINE友達追加はこちらから(^^)↑