商標登録

音楽家の方、バンド名についてこんな不安はありませんか?

私は商標登録専門の弁理士をしていますが、その中でも、音楽分野の商標登録を一番得意にしています。
そして、音楽分野の商標登録の中で、一番ご相談が多いのが、バンド名の商標登録です。

バンドで活動しているミュージシャンの皆様は、次のようなことで不安を感じることはないでしょうか?

・音楽事務所に所属して活動しているが、事務所が自分らのバンド名を勝手に商標登録してしまった(知らされていなかった)
・同じような名前で活動しているバンドがある
・バンドメンバーの中で若干の不和があり、今後メンバーが入れ替わる可能性がある(その時バンド名を使い続けられるのか)
・急に有名になってしまったので、そろそろ権利関係が不安だ
・メジャーとの契約が切れてこれからはインディーズでやっていくので、自分で権利関係をしっかりしたい

音楽事務所を経営している方は、次のような不安を感じることはないでしょうか?

音楽事務所の方からのご相談は、次のようなものが多いです。

・所属ミュージシャンが事務所に相談なくバンド名を商標登録したようだ

・所属バンドが売れてきたので、偽物のグッズを販売する人が出てきた

・外国からのオファーがあるが、権利関係が心配だ

バンド名を商標登録するメリットは?

商標登録のメリットというのは、大きく二つあります。
私はこれを、「表」のメリットと「裏」のメリットと呼んでいます。

まず、もしあなたが「ABC」というバンド名を商標登録した場合、日本国内で、音楽分野において、「ABC」というバンド名を使用できるのは、あなただけになります(独占することができます)。他の人は「ABC」を使えないわけですので、ブランディング効果も高いですし、また、もし誰かがこの名前を使って偽物を売ろうとした時などにも商標権で対処することができます。
これが、いわゆる「表のメリット」です。

次に「裏のメリット」ですが、実は、こちらの方がむしろ重要だったりします。
商標登録をすれば、そのバンド名を独占することができるということは、もし、あなたより先に他人がその名前を商標登録してしまったとすれば、その他人が、その名前を独占してしまうことになるのです。つまり、今まであなたが「ABC」というバンド名で活動していたとしても、急にそのバンド名を使えなくなる可能性があるということになります。
バンド名を商標登録するということは、つまり、将来そのような事故が起こることなく、今のバンド名を安心して一生使い続けるための、一種の保険のようなものなのです。

芸名の中でもバンド名は商標登録する価値が高い


私は、バンド名は、芸名の中でも、商標登録する価値が高いものだと考えています。
なぜかというと、個人の芸名とは異なり、バンド名の場合、その構成メンバーが増えたり減ったり、入れ替わったりしても、ある程度その「名前」の持つ集客力は保たれるからです。
まさに、一種の「ブランド」といえます。

また、バンドの場合、所属メンバーが複数いますので、「そのバンド名は一体誰のものなのか?」という問題があります。現在のバンドメンバーでの活動がうまくいくにせよ、うまくいかないにせよ、「バンド名は誰のものか?」ということで争いが起きる可能性があるのです。

バンド名は被りやすい

また、バンド名を商標登録するのが大事な理由として、バンド名というのは、個人の芸名に比べて「被りやすい」というシンプルな理由もあります。

例えば、あの伝説的なバンド「X」も、同じ名前のバンドがあったため、「X JAPAN」と名前を変えたという有名な話があります。

バンドグッズの商標登録

バンドが活動していく上で、大きな収入源となるのが、グッズの売り上げだと思います。

ある程度売れているバンドのお客様の中には、「音楽の演奏」だけでなく、「グッズ」についても商標登録したいという方がいらっしゃいます。

商標登録という制度は、その「商標」を、なんの「商品やサービス」に使うか? ということで、「商標」と「商品やサービス」をセットにして商標登録をします。
「グッズ」の商標登録の場合、その「商品」が多くの区分に渡ってしまいますので、ある程度印紙代が高額になります。

また、登録したい「グッズ」を正確に区分分けして手続きするのには相当な専門性が必要ですので、グッズの商標登録をご検討の方は、この分野の専門の弁理士に相談することをお勧めします。

法律、契約書、音楽業界、この3つに詳しい数少ない専門家です

バンド名の権利の問題は、商標登録だけで全て解決するわけではありません。音楽事務所とミュージシャンの契約など、各種の契約の問題が関わってきます。

私は、この「法律」「契約書」「音楽業界」の3つに通じていなければ、音楽家の権利に関してきちんとご相談に乗ることはできないと思っています。
しかし、この3つに詳しい専門家は、ほとんどいないのが実情です。

例えば、音楽業界が長い人は、音楽業界の実務については詳しいですが、法律のことはわかりません。ですから、感覚的になんとなくはわかるのですが、はっきりした回答ができません。
一方、弁護士は、法律や契約書にはとても詳しいですが、音楽業界のことはわかりません。ですから、しっかりミュージシャンのお客様の話を聞いたとしても、将来どのようなトラブルが起こりうるのか、ということを想像して良い提案をすることができません。

当方では、商標登録だけでなく、契約書や音楽業界の慣習も含めて、最善のご提案をしておりますので、ご安心してご相談いただけます。

最初の30分は無料相談

弁理士は唯一の商標登録の専門家なのですが、それでも、「音楽分野の相談をしてわかるだろうか?」というご不安はあるかと思います。
しかし、ご安心ください。私は、自分がずっと音楽をやっていたので、音楽家の方のお話もよく理解でき、独立開業した頃から、ずっと音楽業界専門の弁理士として、インディーズのミュージシャンからメジャーレーベルのミュージシャンまで、多くのご相談に乗ってきました。

大変嬉しいことに、単に「相談してよかった」というだけでなく、「やっぱり、専門家に相談して正解だった」との声をたくさんいただいております。

ご相談は、最初はメールで、その後はお電話か面談となりますが、最初の30分は無料でご相談できますので、費用の面は気にせず、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。 きっと、お役に立てるのではないかと思っています。
メールで無料相談
AIS弁理士事務所(以下、当事務所)では、業務・サービス提供、当事務所へのお問合せの際に、個人情報を収集致します。収集した個人情報につきましては、個人情報保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)を遵守し、以下方針に基づき個人情報の保護・取扱いに努めます。

1. お客様へのご連絡や業務・サービス提供のために、個人情報を利用致します。
2. 保有する個人情報の取扱いに関して適用される法令、国が定める指針及びその他の関連法規を遵守いたします。
3. 個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて定期的な監査を行い、常に継続的改善に努めます。
4. 個人情報の管理は、厳重に行うこととし、お客様本人の許可なく第三者に個人情報を開示いたしません。また、法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も開示いたしません。

〒168-0064 東京都杉並区永福1丁目39−27−103
AIS弁理士事務所
お名前
メールアドレス
都道府県
お電話番号
会社名/事務所名
関心のあるサービス
ご相談内容